弁護士料金

協議サポート

5万5千円/3カ月


離婚協議書作成

5万5千円


公正証書作成

11万円


離婚協議・離婚調停

着手金33万円、報酬33万円、経済的利益の10%+税(調停の場合は15%+税)

※経済的利益には「養育費の決定額の2年分」を含む

※親権に争いがある場合は、着手金55万円、報酬55万円、経済的利益の10%+税(調停の場合は15%+税)

※経済的利益が5千万円を超える場合は、5千万円を超える部分について別途協議する。


婚姻費用調停

着手金33万円、固定報酬33万円、経済的利益(決定額の2年分)の10%+税

※離婚調停とあわせて申し立てる場合でも、着手金は33万円とする。
ただし、調停から審判に移行する場合は、追加着手金を5万5千円とする。婚姻費用調停と離婚調停がいずれも成立したときの固定報酬は38万5千円、婚姻費用調停のみ成立した場合の固定報酬は33万円とする。


親権者変更調停

着手金55万円、報酬55万円、経済的利益の15%+税


その他の調停(面会交流、財産分与等)

着手金33万円、固定報酬33万円、経済的利益の15%+税


離婚訴訟

着手金44万円、報酬44万円、経済的利益の15%+税

※調停から移行した場合の着手金は差額の11万円のみ


監護者指定・子の引渡し(保全なし)

着手金44万円、報酬44万円

※裁判所が依頼者の主張を認めた場合や、相手方がこちらの要求を受け入れる対応(取下げ・任意の引渡し等)をした場合に報酬が発生する。


監護者指定・子の引渡し(保全あり)

着手金55万円、報酬55万円

※裁判所が依頼者の主張を認めた場合や、相手方がこちらの要求を受け入れる対応(取下げ・任意の引渡し等)をした場合に報酬が発生する。


不貞の慰謝料請求交渉

着手金22万円、固定報酬22万円、経済的利益の15%+税


不貞の慰謝料請求訴訟

着手金33万円、固定報酬22万円、経済的利益の15%+税

※交渉から移行した場合の着手金は差額の11万円のみ


保全申立て・強制執行申立て

着手金22万円~

※調停or訴訟の依頼者のみ


年金分割審判or子の氏の変更

3万3千円


年金分割審判+子の氏の変更

5万5千円


クレジットカード・電子マネー・ICカードでのお支払について

クレジットカード払い、各種電子マネー・ICカードにも対応しております。
ご利用いただけるカードは下記通りです。

クレジットカード

楽天カード / VISAカード / マスターカード / アメリカンエクスプレス / JCBカード / ダイナーズクラブカード / ディスカバーカード

電子マネー・ICカード

楽天エディ / 交通系電子マネー(KITACA / SUICA / PASMO / tolca / manaca / ICOCA / SUGOCA / nimoca / はやかけん) / nanaco / QUICPay / iD

keyboard_arrow_up

0663757003電話番号リンク 問い合わせバナー LINEでも予約可能