親権

夫婦に未成年の子がいる場合、夫婦のどち

らかが親権者になるかを決定しなければなりませ

ん。どちらが親権になるかは、まずは話し合いで

決めますが、話し合いで決まらない場合には、家

庭裁判所に調停を申し立てることが可能です。



【親権者・監護権者指定の判断基準】

裁判所が判断する場合、子に対する愛情の度合

い、親の年齢、健康状態、資産、経済力等の父母

の事情、子の年齢、性別、子の意思、発育状況等

の子の事情を総合的に考慮して親権者が決めら

れますが、裁判所が重視していると考えられるの

が以下の事情です。

 ①継続性の原則

これまで実際に子を監護してきた者を優先させる

という考え方です。

ただし、勝手に連れ去った等の場合には不利な事

情となります。

 ②子の意思の尊重

15歳以上の未成年の子について、親権者の指

定、子の監護に関する処分についての裁判をする

場合には、その子の意見を聞かなければならない

とされています。また、15歳未満であっても、裁判

所が子の意思を確認することはよくあります。

 ③母性優先

乳幼児については、特段の事情のない限り、母親

の監護を優先させるという考え方です。

 ④兄弟姉妹不分離

可能な限り、兄弟姉妹の親権者を分けないという

考え方です。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 大阪市北区 女性のための弁護士による安心離婚法律相談・無料相談(初回) All Rights Reserved.