財産分与

【1 財産分与とは】

財産分与請求権とは、離婚した当事者の一方が他

方に対し財産の分与を請求する権利をいいます。



【2 財産分与の決定時期】

財産分与については、離婚時に決定することが多い

ですが、離婚時に合意できなかった場合等には離

婚後に行うことも可能です。ただし、離婚のときから2

年経過すると請求できなくなります。



【3 財産分与の内容】

①婚姻中の夫婦共同財産の精算(精算的財産分

与)

②離婚後の扶養(扶養的財産分与)

③離婚による損害賠償(慰謝料的財産分与)



【4 精算的財産分与】

財産分与の中核と位置づけられてきたのが精算

的財産分与です。精算的財産分与の対象となる

のは、夫婦が婚姻中に協力して形成・維持してき

た共同財産であり、特有財産(一方が婚姻前から

所有していた財産や、婚姻中であっても相手方と

は無関係に取得した財産)は対象にはなりませ

ん。



【5 扶養的財産分与】

扶養的財産分与は、夫婦財産の清算や慰謝料請

求をすることができない、またはそれらを取得した

だけでは生計を維持することはできない場合に補

充的に認められるものとされており、請求される配

偶者に支払の能力があることも必要となりますの

で、財産分与として常に認められるわけではあり

ません。



【6 慰謝料的財産分与】

離婚慰謝料についても財産分与に含めることがで

きますが、財産分与とは別に請求することも可能

であり、実際には財産分与とは別に請求すること

が多いと言えます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 大阪市北区 女性のための弁護士による安心離婚法律相談・無料相談(初回) All Rights Reserved.